【事例解説】RPA・ルールエンジンによるBPR推進

受講料:無料

RPAは業務自動化ツールとして普及が進んでいます。

先行する企業では、単純な作業への適用は一巡し、より複雑な作業、いわゆる人による判断業務への適用検討が始まっています。

本ウェビナーでは、ルールエンジンにより人の判断業務を自動化し、RPAによる業務効率化効果を一段と高める方法を紹介します。

また、RPAで複雑な業務判断に適用し、ブラックボックス化してメンテナンス困難になる落とし穴を避ける方法も紹介します。

<配信日>

2021年3月19日(金)12:30~12:45

※配信日までお待ちください。

講師紹介

エバンジェリスト大野国弘

株式会社なうデータ研究所
上席エバンジェリスト
大野国弘

経歴

2000年なうデータ研究所に研究員として入社。

以降、多岐のルールエンジン導入プロジェクトに参画。

業務知識のデジタル化による業務プロセス改革が専門分野。

pagetop