NaU DSP WorkShift

柔軟さとバランスを両立した勤務シフト自動化柔軟さとバランスを両立した勤務シフト自動化
提案型機能により、業務知識に基づいたシフトを、柔軟に作成できます。提案型機能により、業務知識に基づいたシフトを、柔軟に作成できます。
柔軟さとバランスを両立した勤務シフト自動化
提案型機能により、業務知識に基づいたシフトを、柔軟に作成できます。

NaU DSP WorkShiftの概要

勤務シフトの作成はコストのかかる作業であり、作成が担当者の負荷になっています。
また、作成ノウハウが属人化しやすく、「法的に妥当な勤務体系を遵守した」「最適な勤務シフト」を作成できているのか曖昧になりがちです。

<図1. 勤務シフトの作成コスト>

働き方改革が注目される現状に対し、NaU DSP WorkShiftは、業務知識を活用して勤務シフト作成の自動化を実現します。
勤務シフト作成のノウハウを可視化し、共有した上で、最適な勤務シフトを作成します。

<図2. NaU DSP WorkShift概要>

NaU DSP WorkShiftの特長

Excelによる制約とバランスの設定

勤務シフト作成における制約とバランスは、Excelファイルにより簡単に指定できるため、ビジネス環境の変化にもすぐに対応できます。

<図3. Excelによる定義>

柔軟なカスタマイズ性

勤務シフト作成は、複雑な業務上の制約をうける場合があります。
NaU DSP WorkShiftは、NaU DSPの高度な推論機能を活かせるため、業務知識をそのまま活用しながら複雑な業務上の制約についての判断ができます。

<図4. カスタマイズ例>

多様な観点に基づくバランス

NaU DSP WorkShiftは、提案型判断により、最適な組み合わせを探索します。バランス基準となるリソースの指定により、多様な観点からバランスを採れます。

<図5. 多様な観点に基づくバランス>