申請書チェックシステム

学校法人 早稲田大学 情報企画部 様

 業種 教育関連
業務内容情報システムの企画・運用
RPA等を活用し業務の高度効率化を推進中

株式会社 早稲田大学アカデミックソリューション 様

 業種 教育関連

業務内容大学運営支援/教育支援/国際化支援など

臨時雇用者申請業務とは…

  • 早稲田大学様では年間10,000 名(契約数としては20,000 件)のアルバイト(TA・RA・研究補助者・臨時職員等)を雇用します。
  • アルバイトの雇用に際し、採用部署は大学側(事務)に雇用申請書(紙)を提出します。
  • 大学側(事務)では申請内容をチェックして雇用管理システムに登録します。申請内容に誤りがあれば採用部署に問合せ修正します。
  • 大学側(事務)では5 ~ 7 名の職員がこの業務を行っています。

課題

解決策

NaU Rulebookを採用した申請書チェックシステム

多数の項目が存在するアルバイトの雇用申請書(紙)のOCR 読取結果チェックに NaU Rulebook(DataChecker)を採用。

NaU DSPを採用した申請書チェックシステム

ルール定義書イメージ

ルール定義書イメージ

1

  • 日付表記
  • 開始日< 終了日であること
  • 開始日と申請年月日の年度が同じであること

2

  • 生年月日、希望職種を元に作成した時給テーブルと一致すること

3

  • 交通費が要の場合は、最寄駅と金額が組み合わせ通りに入力されていること

4

休憩時間

  • 勤務が6 時間以上の場合45 分以上取得しているか
  • 勤務時間内に収まっているか
  • 開始 < 終了になっているか

※実際の申請書とは異なります。

※チェックルールは一例です。

↓
ルール定義書

申請書のチェックルールをエクセルの定義書に記述します。

※実際のルール定義書とは異なります。

テストツール画面イメージ

検査データをアップロードすると…
↓
チェック結果
ルール定義書を基にチェック結果が表示されます。

まとめ

  • DX 推進には、業務プロセスと業務ルールを環境変化に合わせて柔軟かつスピーディに変更できるシステムが求められます。
  • 早稲田大学様は、臨時雇用者申請業務においてRPA、AI-OCR、ルールエンジンを組み合せ柔軟性の高い業務環境を実現しました。
  • 早稲田大学様では今後このシステムを他業務に展開することを計画されています。
pagetop

ウェビナー開催

ルールエンジンの進化と今後の展望

2021年10月29日(金)12:15~12:45

受講料:無料